夜寝れない 朝起きられない

MENU

夜寝れないから朝起きられない!?

仕事で深夜まで起きていたり、夜遅くまでテレビ、パソコン、スマー
トフォンやタブレットに夢中になっていると目がさえてしまい、寝つき
が悪くなります。こういった生活習慣を続けていると、夜更かしの上に
朝寝坊がくせになってしまい、なかなか治せなくなってしまいます。

 

眠りが浅い、なかなか眠れない人はぜひ自分の生活習慣を見直してみま
しょう。二度寝や昼寝が長いのも睡眠のリズムが乱れる原因となります。
休日の朝寝坊もおすすめできません。起きる時間を一定にすることに
よって睡眠のリズムができてすっきり起きれるようになります。

 

では朝すっきりと起きるためには何をしたらいいのでしょうか。ポイント
を覚えてしまえば簡単に早起きできるようになります。まずは起きた時
にすぐにやることは朝日を浴びること。体内時計のずれが太陽の光を
浴びることによってリセットされ、背伸びと深呼吸をすることによって
交感神経が刺激されて全身に酸素が運ばれます。こうして気持ちよく目
を覚ますことができます。

 

また日中に軽く体を動かすこともおすすめです。眠いからといって毎日
のようにだらだらと昼寝をしていてはまた次の日も寝坊してしまいます。
昼に仮眠をとる場合は15分程度まで。それ以上は夜の睡眠を妨げる
原因となります。

 

ストレスをためこむこともよくありません。いろんなことが気になると
眠れなくなってしまい、朝寝坊してしまいます。趣味やスポーツ、ヨガ
など発散できるものを見つけることも解決の糸口となります。