MENU

良い睡眠をとるにはどんな方法がありますか?

良い睡眠をとるにはどんな方法がありますか?

 

なかなか良い睡眠をとることができずに、疲れがどんどん溜まっていく一方だという人は多いはず。
寝ても寝ても、疲れが取れないしだるい…。

 

そんな経験はありませんか?

 

実は良い睡眠をとるためには、いくつかの方法があるのです。これらのことに気をつければ、今よりも良い睡眠をとることができるはずですよ。

 

寝具を見直す

自分に合っていない寝具はリラックスできずに睡眠の妨げとなります。

 

枕や式布団、マットレスなどをもう一度見直してみてください。それは本当に自分に合っているものでしょうか?あなたの体型・体重などにきちんと合ったものを選ばないと、体も心も休まりませんよ。

 

体に合わない寝具は、それだけで肩こりや腰痛の原因にもなってしまいます。せっかく一日の疲れを癒すための道具なのですから、自分に合うものを探してみてください。ストレスのない睡眠をするために、良い寝具は欠かせません。

 

食生活を見直す

食事はきちんと摂っていますか?現代人は、仕事に家事に忙しく、ついつい食事がおろそかになりがちです。

 

栄養バランスの偏った食生活からは、体に必要な栄養を補給できません。質の良い睡眠をとるためには、トリプトファンという成分が必要です。トリプトファンは、主に大豆製品・野菜・果物に多く含まれています。

 

豆腐や野菜類・果物を食べていないとこのトリプトファンが分泌されなくなり、体が緊張状態になります。体がリラックスした状態を作れないまま睡眠をとっても、疲れは決して取れません。睡眠とは本来、体を癒して疲れを取るものです。

 

ただ寝るという行為になってはいませんか?心当たりのある方は、一度食事を見直してみましょう。野菜や豆腐を積極的に食べる習慣をつけて、質の良い睡眠をとりたいものですね。

 

運動不足

運動をしていない人は、体がリフレッシュうしていないことが多いです。仕事が忙しくてなかなか運動する機会がない、という現代人はたくさんいます。

 

しかし運動不足は実はからだにとって悪循環しかないので注意が必要です。体の筋肉は、毎日ある程度動かしてリフレッシュさせることが大切です。また体が使われていないと、夜になっても体が固まっているのでリラックスできないのです。
ある程度体を疲れさせないと、深い睡眠には入れません。

 

簡単なストレッチや軽いウィーキングでも結構ですので、できる範囲で運動を心がけましょう。

 

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まると、脳内が常に緊張状態になり、リラックスできない環境になってしまいます。

 

外で受けたストレスの影響は、たいてい家に帰って落ち着いてから発生します。ストレスは溜まる前に解消して、溜め込まないように気をつけましょう。自分なりのストレス発散方法や、ストレスの緩和方法を見つけないといけませんね。

 

運動や趣味、買い物、好きなものを食べるのもいいかもしれません。ストレスがないと自然と眠りやすくなりますし、心身ともに深い眠りに入りやすくなすのです。

 

健康アイテムを使う

サプリメントやお茶等健康アイテムには色々なものがあります。
健康アイテムを使うことで、ぐっすりと睡眠をとることができるのです。