MENU

寝具を変えたら不眠症が治るかも!?

みなさんはどんな寝具を使っていますか?
こだわりがあって使っている人もいるかもしれませんが、同じものを何年も使っている、なんて人も多いのでは?
寝具は睡眠と深く繋がっており、寝具によっては睡眠障害を引き起こしてしまうことも。
なかなか眠れない。
寝ても寝ても、疲れが取れない。
なんていう人は要注意です。
まずは寝具を変えて、あなたの睡眠を質の良いものにしてみましょう。
不眠症も治りますし、睡眠障害の予防にも繋がりますよ。
ぜひ一度、家の寝具を見直してみましょう。

 

体を支える敷き布団はとても重要

寝るときには、必ず体のどこかに負担がかかってしまいます。
それは人それぞれ、寝相などにより違うのですが、体に負担がかかるほど睡眠は浅くなります。
またひどくなると、腰痛などの原因にもなってしまいます。
寝ているときは意識がないので、気付いたら無理のある姿勢を取ってしまうことも。
そんなときに、しっかりと体を支えてくれる寝具でないと、体に負担がかかってしまう一方です。
理想の敷き布団は、体の一点に負担がかかるのではなく、かかる負担が分散される敷き布団です。
腰や背中一部にだけ体重がかかってしまうと、筋肉痛や腰痛になってしまいます。
朝起きてもなんだかスッキリしない、という理由はここにあるかもしれません。
体にかかる負担を分散し、吸収してくれる敷き布団だと、腰にも背中にも負担がかかりません。
また寝返りもしやすくなるので、より眠りやすくなり、ぐっすり眠りにつけるでしょう。
朝起きたときに体が痛いなんてこともありませんし、気持ちよすぎて布団に入ったらすぐに寝てしまう、という人も。
それだけいい敷き布団は心地よく、体を支えてくれるのです。
一度自分に合った敷き布団を使うと、他の布団では眠れなくなるという人までいるので驚きですね。
それほど敷き布団は重要なのです。
あなたも今使っている敷き布団を、一度見直してみてください。
もっと使い心地のいいものに変えるだけで、睡眠の質は随分と変わりますよ。

 

枕もとても重要

最近では、オーダーメイドの枕も増えてきましたね。
枕は睡眠時とても重要で、体に合わない枕は肩こりの原因にもなってしまいます。
肩こりがなかなか治らないという人は、もしかすると枕が合っていないのかもしれません。
枕にはたくさんの種類があって迷ってしまいますが、とにかく一度試してみるのがおすすめです。
素材や質感など、好みもあるかと思います。
そして、本当に自分に合っているものなのかを、専門の方に見てもらうのもいいですね。
自分だけの枕はなんだか特別な感じがしますし、とても寝やすくなるのを実感できるはずです。
また、悪い枕を使っていると、睡眠時の呼吸にも悪影響が出ます。
不眠症の方には、イビキでお悩みの方もとても多いです。
イビキは、主に呼吸が困難になり発生する現象です。
正しい枕を使って正しい姿勢で眠ることで、呼吸がしやすくなってイビキも改善されます。
自分に合った正しい枕を使うことは、不眠症改善には欠かせないことです。

 

通気性のいいものを

体が不快を感じると、なかなか寝付きにくくなりますよね。
例えば暑い、寒いなど、不快現象があると人は睡眠に入りにくくなります。
睡眠時には知らず知らず汗をかくので、寝具は通気性のいいものがいいですね。
長く使えますし、布団独特のジメっとした感じも防ぐことができます。

 

 

使い心地が良いものの方が、良い睡眠を取りやすくなるのですね。
やはり不眠症を解消するには、良い寝具がとても大切なようです。
寝具を変えて、あなたも不眠症を治しましょう。
ぐっすり眠れると、疲れも取れやすくなり健康な生活を送ることができますよ。

 

ヨギボーでリラックス

ヨギボーってご存知ですか?
ちょっと変わったビーズクッションなのですが、これは寝具ではありません。

 

夜寝る時には使えないのですが、お昼寝に使ったら結構リラックスできます。

 

ヨギボーには色々な種類がありますので、お部屋の広さやインテリアに合ったヨギボーを選んで下さい♪