MENU

朝起きれないのは病気なのでしょうか?

一概に朝起きれないからといって病気と決めつけることはできません。
まだ未成年、思春期の場合は起立性調節障害といって自律神経の乱れ
などが原因で朝起きれない、頭痛、腹痛、倦怠感などを訴えるケース
があります。主に小中学生の女子に多いとされていますがこれは思春期
の一過性のものが多いのであまり深刻に考えない方がいいでしょう。

 

大人の場合はさまざまな原因が考えられます。うつ病の症状の一つで
あるともされています。ストレスや睡眠不足が積み重なると朝になると
気持ちが沈む、気力が落ち込むといったことは誰にでも起こりうること
です。しかし周囲に相談しても怠けている、気持ちの持ちようで何とか
なると逆に叱られてしまうこともあり、さらに落ち込んで悪化すること
があります。自分で自分を怠け者と責めてしまうのは逆効果です。気力
だけではどうにもならないときは、心療内科に相談して抗うつ剤や睡眠
導入剤の利用も視野に入れた方がいいかもしれません。

 

また生活習慣の乱れ、睡眠不足なども朝寝坊してしまう原因になります。
夜、就寝前に食べてしまったり、コーヒーなどカフェインを摂取したり、
スマートフォンやパソコンを夜遅くまで使用したりするとどうしても
眠りが浅くなります。。寝る時間がバラバラであるのも良くないので、
なるべく起きる時間と寝る時間を同じ時間にするように努力したいところ。
枕や硬めの布団に寝たり、就寝前に38度前後のぬるめのお湯にゆっくり
つかったり、軽くストレッチをするのもいいでしょう。自分なりにリラッ
クス方法を見つけてみるのがおすすめです。