MENU

効率の良い睡眠方法 〜短時間でも良い睡眠は取れるのか?〜

睡眠がきちんととれていない現代人がとても多いとよく聞きます。

いくら寝ても疲れがとれない…

寝たはずなのにまだ眠たい…

 

そんな経験はありませんか?

 

それには実は理由があり、良い睡眠をとるためには方法があります。
良い睡眠の方法を知っていると、たとえ短時間でも質の良い睡眠をとることができるので、疲れがとれるのです。睡眠は時間ではなく方法が大切です。いくら時間をかけて寝ても疲れがとれない。

 

効率の良い睡眠方法を知って、短時間でも良い睡眠をとりましょう。

 

寝具がとても重要

あなたがいつも寝ている寝具はどんなものでしょうか?
古くなって式布団も固くなってしまっている、枕も長い間使っている。
そんなことはありませんか?
実は寝具はとても重要で、疲れの取れやすさが全然変わってくるのです。

 

寝ても疲れがとれないという人に多いのが、肩こりや腰痛です。
質の良い睡眠の妨げになるのが肩こりや腰痛で、実はそれは合っていない寝具が原因であることがとても多いのです。
寝具には自分が心地よく使えるものを選び、体にフィットするものを選びましょう。

 

寝返りが原因?

寝ている間に寝返りをしますよね。
その寝返りが、睡眠の妨げになることもあるようです。
寝返りをうつときには、体のどこかに一定の体重がかかり、負担となってしまいます。
その負担を減らすためには、使っている敷布団を見直す必要があるのです。
寝返りは睡眠時に必ず起こるもので、なくすことはできません。
また、寝返りがなくなると、寝ている間ずっと同じ場所に負担がかかってしまうことにもなります。
式布団はなるべく分厚く、体にフィットするものでなければなりません。
肩・腰・背中・お尻など体への負担が少しでも軽くなるような敷布団を探しましょう。
もちろん好みもあると思うので、購入する際には実際に寝て試してみるといいですね。
口コミがあるのなら、それを参考にするのもおすすめです。
いい敷布団はいくら寝返りをしても体に負担がかかりません。
また硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい硬さをしています。

 

寝具の匂いは大丈夫?

眠るとき、意外と匂いによっても寝つきが悪くなったりしがちです。
睡眠時には知らず知らず汗をかいているので、寝具には匂いがこもりがち。
寝具が汗臭いと、なかなか良い睡眠をとることはできません。
寝具はなるべく清潔を保つようにして、素材にもこだわりましょう。
通気性のいい寝具は匂いも湿気もこもることなく、快適に寝ることができます。
好きな香りがあるのなら、アロマなどを炊いて眠るのもおすすめ。
アロマが苦手な方は、寝具を洗う際に使用する柔軟剤の香りを楽しんでみるのもいいですね。
良い睡眠と眠るときの香りはとても深く繋がっているのです。

 

 

短時間でも良い睡眠をとれるように、色々と工夫してみませんか?
意外なところを変えてみると、いつもよりスッキリとした朝を迎えられるはずです。
睡眠を質の良いものに変わると、忙しい毎日毎日の生活も変わってくるのではないでしょうか。

 

ヨギボーマックスっていうビーズクッションで軽く昼寝をするのも良いと思います。
かなり大きいので寝るのも十分です。

 

ただ、ヨギボーマックスの送料がちょっと高いのがネックなんですよね。