朝 起きれない ADHD

MENU

朝起きれないのはADHDが原因?

ADHDはかつて子供の障害とされていましたが、いまでは大人の患者もいます。

 

本人の性格や親のしつけの悪さではなく、まだ今の段階ではきちんと原因が解明されていません。おそらく脳の障害ではないかという意見が多いです。前頭前野で神経細胞間の情報
伝達がうまく機能していない可能性が高いといわれています。

 

学校、家庭、職場といった日常的な行動すべてに影響を及ぼす障害のため周囲の理解が必要となります。本人の意思だけではどうにもならないため、適切な治療が必要となります。

 

子供のうちはとにかく眠さが強く、12時間以上寝てしまうこともあるようです。

 

しかし、これは仕方ないことです。大人になるにつれ、徐々に回復してきます。焦らずに少しずつ生活習慣を見直すこと、怒らずにゆっくり指摘してあげることが大事です。

 

どうしても寝坊が多かったりすると頭ごなしにどなってしまう親御さんも多いようですが、それではかえって逆効果。ますます自信をなくして同じことを繰り返してしまいます。

 

そうではなく、最初のうちは朝すっきり起きれるように手助けしてあげましょう。朝目覚めの体操をしてみたり、コーヒーを飲んでみたり、朝日を浴びながら軽くストレッチをしてみたり。

 

着替えなども最初だけは助けてあげていいと思います。そしていずれ助けを借りなくても自分でできるようになったらほめてあげてください。そうすることによって自信につながり自分一人で準備ができるようになります。